2021/07/13
結婚したい

婚期って何で決まる?婚期の前兆や逃してしまった時の対処法を解説

「私の婚期っていつ来るのかな…?」

自分の婚期はいつ来るのか、すでに婚期を逃しているのではないかと不安になってしまう時もありますよね。

一般的な婚期がいつ来るのか、前兆はあるのか?また、婚期を逃してしまいがちな女性の特徴や、その対処法も紹介していきます!

Contents

婚期とは

婚期とは

結婚に適した時期のこと

婚期とは結婚に適した時期のことを指し、主に女性に対して使われることの多い言葉です。

女性は生物的に子どもを産むのに適した時期があるため、結婚についてもこのような表現をされてきましたが、法律などで明確に何歳~何歳と決められているわけではありません。

つまり、婚期とは「自分が結婚したいと思った時期」とも言えます。

日本人女性の平均的な婚期は26歳~28歳

とはいえ、婚期の具体的な年齢も気になりますよね。

内閣府のデータによると、2018年に初めての結婚をした女性は38万2823人、その平均初婚年齢は29.4歳でした。

2000年の平均初婚年齢は27歳だったので、18年の間に2歳以上も晩婚化が進んでいることが分かります。

あくまで平均なので、29歳で実際に結婚するとなると、26~28歳くらいに「結婚したいと思う時期=婚期」が来ると言えます。

未婚率は年々増加している

平均初婚年齢が上がっているのに加え、女性の未婚率も年々増加しています。

国立社会保障・人口問題研究所のデータによると、女性の50歳時の未婚割合は2020年で約14%でしたが、2040年には18.7%にもなると予想がされています。

女性の社会進出が進んでいることで「結婚をする気が元々無い人」も増えている一方で「結婚をしたいが、婚期を逃したと感じている人」も多いのではないでしょうか。

婚期は何で決まる?

婚期は人それぞれ。結婚したいと思ったタイミングが婚期と言えます。

現代では特に、ライフスタイルも多様化しているので一般的に「何歳が適切」とは言えなくなってきています。

地方や都心部で平均的な結婚年齢が変わることも。

周りに合わせて焦ってもいいことはないので、自分が結婚して家庭を築きたいと思った時が婚期。自分の生活や気持ちに合わせて結婚のタイミングを考えるのがいいでしょう!

婚期が近づいてきた前兆5つ

1.家庭を持つイメージが湧いてきた

付き合っている相手との同棲生活などを通じて、実際に家庭を持つイメージが具体的に沸いてくると、結婚を考えるきっかけになります。

結婚生活=日常なので、同じ家で誰かと暮らし、食事をしたり、掃除をしたり、ゴロゴロしたりと普通の生活を送ることでイメージができるようになります。

2.独身生活に飽きてきた

独身時代に派手に遊んでいたタイプの人に多いのですが、独身時代の自由な生活に飽きて、いきなり結婚する人がいます。

社会人になって自由に使えるお金があって、友達や恋人と色々な遊びをして充実していたが、ふと「これを一生続けるんだろうか?」「なんだか遊ぶのに飽きてきたな…落ち着きたい。」などと思うようになることがあります。

3.子供を持ちたいと思うようになった

子供を持ちたいという気持ちが芽生えて、結婚を真剣に考えるようになるパターンもあります。特に自分の兄弟姉妹や友達が子供を産んで、接していくうちに「自分も子供を産みたい!」と思うようになったというのもよく聞きますよね。

今の時代、高齢出産をする人も少なくはないですが、子供を持つには年齢的なリミットもあるため、逆算して20代後半~30代のうちに結婚をしようと考える人も多いです。

4.自分の仕事が落ち着いてきた

一般的に、社会人になって最初の5年くらいは仕事を覚えるのが大変だったり、職場関係の飲み会やイベント、サークル活動などの付き合いがあったり、資格の勉強をしなければならなかったりと結構忙しい日々です。

もちろん30代になっても仕事は大変なものですが、慣れてくると良い意味で時間に余裕を持てるようになります。

また、苦手な飲み会や社内イベントなどがある場合も無理に付き合わなくなってきます。

そうやって仕事やプライベートでひと段落する時間が増えれば増えるほど、将来について考えるようになり、結婚を視野に入れる人も多くなります。

5.周りに既婚者が増えた

20代後半~30代にもなってくると周りの友達・同僚に既婚者が増えてきて、そろそろ自分も結婚を…と考えはじめる人が多いです。

かつては友達と夜通し遊んだり、長い休みには海外旅行に行ったりしていたけれど、周りがみんな既婚者になると遊び相手も少なくなってきます。そんな時に、「私も身を固めようかな。」と思ったりするものです。

逆に言えば、結婚適齢期を過ぎてもいつでも一緒に遊べる独身の友達がいると、結婚への意識は高くならないかもしれません。

婚期が遅れる女性の特徴

では、結婚をしたいとは思うけれど婚期が遅れてしまう女性にはどのような特徴があるのでしょうか?

婚期を逃したくないと思っている女性は要チェックです。

仕事が忙しくて時間がない

仕事が忙しく、結婚について具体的に考えるタイミングがないまま婚期を逃してしまうパターンです。

バリバリ働く、キャリアウーマンタイプの女性に多いです。

プライベートが充実している

趣味や友人関係などのプライベートが充実しすぎていて、その生活を変えようと思わない人も婚期が遅れる傾向にあります。

多趣味でアクティブな女性は、なかなか出会いに意識が向かないですよね。

慎重で結婚するタイミングが分からない

付き合っている相手はいるが、慎重すぎる性格で結婚に踏み切れないパターンです。

相手のことは好きなのに「本当にこの人で良いんだろうか?」などと悩んでいるうちに、ずるずる付き合うor別れることになってしまうことで婚期を逃してしまいます。

過去の恋愛を引きずっている

過去の恋愛を引きずってしまい、婚期を逃してしまうのもよくあるケース。

過去の恋愛を無理に忘れる必要はないのですが、平均的な婚期である20代後半の時期を前向きに過ごせないことで、いざ吹っ切れた時には婚期を逃しているという状況です。

結婚に前向きな男性と付き合っていない

結婚に前向きでない、もともと結婚する気がない、というような男性に時間と付き合っていたことで、婚期を逃してしまうパターンもあります。

付き合い自体が楽しいと別れるきっかけがないかもしれません。

ただ、本気で結婚したいのなら相手の結婚への意思を確認してから付き合ったほうが良さそうです。

結婚相手の理想が高すぎる

最後に結婚相手への理想が高すぎるケースも。

結婚相談所のサイトなどでも紹介されていることが多いのですが、「普通の一般的な男性で良い」という女性ほど理想が高かったりします。

そういう女性に具体的な「普通」を聞いてみると、「大卒以上」「年収〇〇万以上」「土日休みの仕事」「長男でない」「身長170センチ以上」「年の差2歳まで」「家事ができる」…などと、意外と許容範囲が狭い!

そして、そういった条件の男性はある程度の年齢になると既婚者であることが多かったりします。

あまりこだわりが多すぎると、良い機会も逃してしまう可能性があります。

婚期を逃したと感じる瞬間4選

では、実際に婚期を逃してしまったと感じる瞬間はどんな時でしょうか?

1.休日一人で寂しいとき

休日に一人で寂しく過ごしていると、自分は何で結婚していないんだろう…と思ったりします。

特にゴールデンウイークや年末年始などの長い連休の時に予定もなく、何日も何にも話さずに過ごしていると、人恋しくなりますよね。

2.友人にほとんど子供がいたとき

若い時につるんでいた学生時代の友達が子供中心の生活をしているのを感じたときに、自分は婚期を逃してしまった…!と実感します。

自分はこれから恋愛をして結婚をしないと子どもは持てないのに、子育てに追われている友人を目の前にすると「すごい偉業を成し遂げている人」のような感覚に陥ります。

3.だんだん男性からアプローチされなくなったとき

特に意識していなくてもアプローチしてくれる男性がいたのに、年齢を重ねるにつれ、そういった男性がいなくなってくる…。

だんだんと自分は恋愛対象として見られなくなってきたのかな、と寂しさを感じ、もっと若いうちに結婚しておくんだった!と思ってしまう瞬間です。

4.周りにいる未婚男性が年下ばかりになったとき

年齢を重ねるにつれ、周りにいる未婚男性は年下ばかりになってきます。

同世代がどんどん結婚していくので当たり前ではあるのですが、これから自分が恋愛をして結婚相手を探そうという時に年下ばかりだと、少し焦りを感じますよね。

婚期を逃すとどうなる?

結婚したいと思ったタイミングが婚期といえど、一般的な婚期である26~28歳を過ぎてしまったら?

30代になってから婚期を逃したかもと気づいたら?一体どうなってしまうのでしょうか。

結婚できる確率が急に低くなる

2015年実施の国勢調査で「未婚女性が5年以内に結婚する確率」を見てみると、結婚できる確率が年齢とともに下がっていくことが分かります。

今、結婚していない女性が5年以内に結婚する確率が一番が高いのは、26歳の43.5%です。

これが35歳になると21.5%、40歳になると9.3%まで下がってしまいます。周りが既婚者になっていくこともありますし、女性自身のモチベーションだったりと様々な理由があるでしょう。

「婚期を逃したかも」と思った後も、具体的に行動しないまま日々が過ぎていくと、あっという間に40歳。

今、結婚していない30代後半の女性のうち、5年以内に結婚できるのは10人に1人となってしまいます。

周りの既婚者が羨ましくなる

友人や同僚など、周りの既婚者が羨ましくて仕方なくなってしまうこともよくあります。

羨ましいだけなら良いのですが、仲の良い友人への妬みや嫉妬で、優しくできない、仲の良さに亀裂が入ってしまうということも起こり得るんです。

友人の幸せを喜べない自分への自己嫌悪にもつながり、負のオーラが出ると婚活にも良い影響がでません。

もう結婚できないと諦めてしまう

婚期を逃したのに、婚活などを今から頑張る気にもなれなくて「もう結婚はいいや」と自暴自棄になってしまうパターンも。

本当にもう結婚に興味がないのなら良いのですが、恋愛に後ろ向きになり、本当は結婚したいのにますます婚期を逃してしまうことになりかねません。

あとから本気で婚活しようと思った時に、後ろ向きになっていたあの数年が勿体なかったな…と後悔するかもしれません。

今付き合っている人と急いで結婚してしまう

今付き合っている人と結婚するのは喜ばしいことなのですが、婚期に焦るあまり、「急いで」結婚してしまうのは絶対NG!

今、20代前半であってもその人と結婚したいと思えるか?周りが誰も結婚していなくてもその人と結婚したいと思えるか?その人と具体的な結婚生活のイメージが描けるか?を今一度考えてみましょう。

少しでも疑問点があるようであれば、急いで結婚するのは辞めるべき!

結婚に焦る気持ちは共感できますが、結婚をしたあとに「やっぱりこの人じゃなかった」と思った場合に、離婚をするのは労力がいること。

また、家族や周りの人を傷つけたり、振り回したりする結果にもなるので注意しましょう。

婚期を逃したと思った時にできる対処法3つ

友人に知り合いの男性を紹介してもらう

一番おすすめなのは、友人に紹介してもらうことです。あなたのことをよく分かっている友人の紹介なら、気の合う男性に出会えることが多いんです!

色々な場所に出かけて新しい出会いを探す

新たな出会いを求めて、フットワーク軽く色々な場所に出かけるのもおすすめ。

知らない街やお店だったり、趣味などの新たなコミュニティに参加したりすることで、すぐに結婚相手に出会わなくても良い刺激になるでしょう。

婚活パーティーやイベントに参加する

結婚相手を本気で探すなら、婚活パーティーやイベントに参加しましょう。

結婚を前提とした出会いの場なら、結婚願望の強い男性と出会えるので、上手く行けばトントン拍子で結婚まで行くことも。

婚期を逃した時に必要なこと

ここまで読んでくれた方は、「婚期を逃してしまったけれど、それでも結婚したい!」と考えている女性が多いかと思います。具体的に今からどのような行動を取れば良いのでしょうか?

「○歳までに結婚する」と目標を決める

結婚したいと思ったら、〇歳までに結婚すると目標を設定しましょう!

勉強でも仕事でも、ゴールがなくダラダラ頑張ることってあまり無いですよね。

多少無理な目標であっても、目標まであと1年!などと思うと自分の行動も変わってきます。

結婚したい意思を表に出す

目標を設定したら、周りの人にも結婚したい意思を伝えるようにしましょう。

特に今付き合っている相手がいる人は、相手に結婚したいと思っていることを態度や言葉でやんわり伝えましょう。

また、付き合っている相手がいない人は周りの人が紹介をしてくれる可能性があります!

夢は口に出すほうが叶いやすいです。恥ずかしいという気持ちは捨てて、積極的に周りに協力してもらいましょう。

理想を高く求めすぎない

結婚相手に理想を高く求めすぎるのはやめましょう。色々と理想があり、結婚に夢を持つことも大事ですが、相手も人間。

自分にも欠点があるのと同じで、理想通り完璧な人などほとんどいません。

「自分にとって譲れない条件」と「そこまで優先度の高くない条件」を書き出してみて、一度整理してみましょう。

整理することで、身近にいるあの人、以前飲み会で出会ったあの人は良いかも?と思えたり、新しい出会いにも繋がるかもしれません。

ポジティブに婚活する

婚活をすると決めたら、新しい出会いに前向きな気持ちで婚活しましょう!

例えば、参加した婚活パーティーで明らかに良い人がいなかったとしても、そのパーティーで出会った女友達が次の出会いを呼ぶこともあります。

逆に、絶対に結婚相手を見つけるんだ!と必死の形相でいると、周りが引いてしまいます。前向きでいるといい人に出会いやすいのでポジティブ思考でいきましょう。

自分の婚期を見極めて幸せな結婚をしよう

婚期

婚期についてまとめてみました。自分の婚期はまだこれからだ、という方もいれば、婚期を逃してしまったな…と感じている方もいると思います。

ですが、婚期とは「自分が結婚したいと思った時期」

いつから行動しても遅いなんてことはありません!

今この瞬間から、幸せな結婚に向かって行動しましょう。

関連記事

結婚=幸せって本当?独身で幸せになる理由と結婚で幸せになる女性の特徴12選・体験談

「女は独身の方が長生きするから幸せ」 「結婚は幸せになれるからした方が良い」 と聞きますが、結局どちらが正しいのでしょうか。 各々の分野の研究者が結婚生活についてたくさんの論文を出していますが、結論結婚はそれぞれの

結婚に妥協は必要?既婚女性20人に聞いた絶対に譲れない結婚相手の条件5つ

「幸せな結婚生活をしたいから妥協したくない!」と、結婚をする前はいろいろ考えてしまいますよね。 また「この項目以外は問題ないんだけど…これって結婚していいの?」と悩むことが多いでしょう。 そこで今回は結婚を決めるときの妥

子連れ再婚をする前に要チェックな10のポイントと養子縁組について解説

子連れ再婚を考えている人は、「もう結婚に失敗したくない」「幸せな結婚生活を送りたい」と思っているのではないでしょうか。 子連れ再婚では、自分と相手だけの話ではなく子供も関係してくる話です。 自分のことも大切にしつつ、子供

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com